蛇口の先やシャワーの水垢を取る!キレイに掃除する方法!

スポンサーリンク

普段掃除を心がけている人でも、蛇口の先や
シャワーの水垢まで気にしている人は
少ないのではないでしょうか?

蛇口の先やシャワーの水垢は、
気にしないと掃除をしないけど、
一度気になったらすぐに
掃除をしたくなりますよね。

しかし、そのような水垢を
綺麗に掃除する方法、知っていますか?

 

普段あまり掃除をしない場所なだけに、
簡単に綺麗にする方法を知らない人も
多いのではないでしょうか。

ここでは、そのような
水垢掃除に困っている方に向けて、
簡単に水垢を綺麗に掃除する方法
解説したいと思います!

今更聞けない!?蛇口・シャワーの掃除方法は?水垢って取れるの?

スポンサーリンク

蛇口やシャワーの掃除ですが、
大掃除でもない限りしない方や、

実は全く掃除をしていない
という人もいると思います。

蛇口・シャワーの汚れはあまり目立たないですが、
実は水垢やカビなどで
たんまりと汚れていることが多い
です。

その蛇口を通った水を
口にすることも多いと思いますが、
汚れていると知ったら
あまりいい気はしませんよね。

 

では、この蛇口やシャワーの掃除ですが、
お手軽な方法はあるのでしょうか?

結論から言いますと、
お手軽な掃除方法はあります。

用意するものは、
クエン酸と、重曹かセスキ炭酸ソーダだけです。

これらは普段掃除する機会がない人にとっては
馴染みがないかもしれませんが、
どれもドラッグストアやスーパーに行けば、
大抵洗剤コーナーに売っています。

水垢はアルカリ性の汚れです。

ですので、酸性の洗剤で汚れを落とせば、
うまく中和され綺麗に落ちます。

 

蛇口の場合、取って洗うことができないので
キッチンペーパーなど水を吸い取りやすい紙に
クエン酸水を染み込ませます。

クエン酸水は水100mlに対して、
クエン酸を小さじ1/2入れればOKです。

このクエン酸水を吸い込ませたキッチンペーパーを
蛇口にパックするように貼り付けます。

そして30分ほど放置をしたら、
キッチンペーパーを外し、
水で洗い流したら掃除完了です。

アルカリ性の水垢は
これだけで落とすことができますよ。

シャワーの場合は、シャワーヘッドを取り外し、
今度は洗面器でクエン酸水に漬け込んでおきましょう。

それで3時間ほど放置すればOKです。

その後今度はセスキ炭酸ソーダを
洗面器に溶かします。

セスキ炭酸ソーダは水500mlに対して
小さじ1で大丈夫です。

これで、シャワーヘッドを同様に
今度は30分ほど漬け込みます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性のため、
酸性の汚れに強いです。

ですので、セスキ炭酸ソーダに
漬け込むことによって
シャワーヘッドについた皮脂などの
酸性の汚れを落とすことができます。

セスキ炭酸ソーダで漬け込んだら
水で流し、掃除は完了です。

これだけで水垢や気になる汚れを
だいぶ落とすことができますよ!

いつもピカピカ!蛇口の先を掃除する簡単な方法

蛇口のイメージ画像
蛇口やシャワーは上記の方法で掃除するとして、
蛇口の先、内側まで掃除するのは大変ですよね。

水道の内側になると正直掃除するには
専門の業者に頼むしかありません。

しかし、蛇口の先程度であれば、
簡単に掃除をすることができます。

 

用意するのは、クエン酸と重曹です。

これらはどちらも自然化合物のため、
人体に害がなく安心です。

重曹100gに対してクエン酸を
小さじ1混ぜて、ペースト状にします。

それを歯磨き粉のように歯ブラシにつけて、
蛇口の先の内側をしっかり磨いていきます。

こうすることによって、
蛇口の先の水垢や黒カビを
歯ブラシが届く範囲ですが、
綺麗に掃除をすることが可能ですよ!

まとめ

シャワーのイメージ画像
蛇口やシャワーの掃除方法について
ご理解いただけたでしょうか?

意外に簡単に掃除ができることを
お分かりいただけたと思います。

蛇口やシャワーの掃除は、
ついつい忘れがちになってしまいます。

しかし、実はこのように簡単に掃除をすることができます。

ぜひ、蛇口やシャワーの掃除をこまめに行って、
家の隅々まで掃除の行き届いた
気持ちがいい毎日を過ごしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました