靴の手洗いの方法!臭いをとる方法は?洗剤は何を使う?脱水はどうやる?

スポンサーリンク

私たちが外出をするときに
欠かせない靴。

 

そんな靴ですが長く愛用していると
汚れや臭いが気になり、
洗いたくなる時がありますよね。

しかし、水で簡単に洗っても
ある程度の汚れは落ちるものの、

ニオイまではなかなか
取れてくれないものです。

 

さらに、衣服とは違って
乾燥にも時間がかかります。

そんな厄介な靴の洗い方について
頭を抱えている方へ向けて、

 

今回は靴の手洗い方法や
洗剤の選び方、脱水のやり方まで
ご紹介
していきたいと思います。

靴の手洗いの方法は?洗剤は何を使えばいいの?靴の臭いは取れる?

スポンサーリンク

まずは靴を洗う前に
素材を確認しましょう。

水洗いできる素材は
布製か合皮製のみとなり、

水気で素材が縮むうえに
カビが発生してしまうレザー製や

デリケートでシミになりやすい
スエードは水洗いはできません。

靴を洗うために準備するものは、
靴用の洗剤、ブラシ、歯ブラシ、
バケツが必要になってきます。

 

靴用の洗剤は
中性洗剤を使いましょう。

アルカリ性の洗剤は
汚れが落ちやすいイメージですが、

靴に使用した場合は紫外線と反応して
靴に黄ばみが
ついてしまうこともあるのです。

 

また、靴の汚れはアルカリ性であるため、

酢や重曹を使うと
汚れと反応して中和させ、

汚れを落とすことも期待できるため、

頑固な汚れの場合には併せて
用意をしておくと便利です。

 

靴を洗う手順として、
まず最初にバケツに

40℃くらいのお湯を入れ、
その中に洗剤も一緒に入れます。

この洗剤入りのお湯に靴を
1時間ほど漬けておきましょう。

こうすることによって
靴についた頑固な汚れを浮かせて
落としやすくさせます。

 

1時間後、ブラシを使い
靴の表面、内部を洗い、

細かい部分は歯ブラシで
擦っていきましょう。

ここで靴の表面を強く擦りすぎると
傷が入ってしまう可能性もあるため、
注意が必要です。

 

靴を擦り終えて汚れが落ちたら、
お湯で流し、バケツの中のお湯も
取り換えて何度も流していきましょう。

お水よりもお湯のほうが
汚れがきれいに落ちるため、

流すときはお湯を
使う方が効果的です。

 

また、洗剤が靴の表面に
残ったままだと変色の原因にもなるので、

必ず何度もお湯で流して
しっかりと洗剤を
落としていきましょう。

 

ここで、洗い終えた
靴の臭いを確認し、

臭いが落ちていなかった場合は
重曹の出番です。

 

靴の臭いの原因は、
靴の中に繁殖している
バクテリアが原因です。

重曹には臭いの原因である
バクテリアがエサにしている
人間の汗や皮脂を中和させる働きと、

バクテリアの繁殖を
抑える静菌作用があります。

 

そのため、洗い終わっても
ニオイが落ちていない場合は、

先ほどと同様に、
40℃くらいの
お湯の中に重曹を入れ、

靴を1時間ほど浸し、
最後にはお湯で洗い流しましょう。

洗剤と重曹によって
ニオイも汚れも
落ちていることでしょう。

靴を手洗いした後の脱水や干し方はどうすればいいの?

靴を乾かすイメージ画像
先ほどは靴の汚れや臭いを落とす
洗い方についてご紹介しました。

しかし、靴の手洗いで
問題になるのが乾かすとき
です。

 

水分をたっぷりと吸った靴は
乾燥に時間がかかる上に、

変な干し方をしてしまうと
シワや変色の原因にもなります。

そこで、ここでは
時間を短縮した靴の干し方
についてご紹介します。

 

ここで必要になってくるのは
脱水機能のついた洗濯機です。

洗濯機の脱水機能を使えば、
高速で回転する遠心力で、
水分を飛ばしてくれるため、

靴を乾かす時間が短縮されます。

 

しかし、靴をそのまま
洗濯機に入れてしまうと

靴同士の摩擦や洗濯機へぶつかる衝撃で
靴にも洗濯機にも
傷をつけてしまう事もあります。

 

まず、洗い終わった
靴の靴紐を外しましょう。

次に、靴を片方ずつ、タオルで包み、
先ほど靴からとった靴紐でしっかりと結び、
タオルが取れないようにします。

 

そして、このタオルに
包まれた靴を洗濯ネットに入れて、
2~3分脱水をします。

脱水が終わった靴は
そのままシューズハンガーにかけて、
日陰で干します。

 

ちなみに、日陰で干す理由としては、
直射日光が靴が型崩れや
変色したりする原因になるからです。

このように、靴を干すときに
少し工夫をすれば

靴にも洗濯機にもダメージなく
簡単に乾かすことができるのです。

まとめ~大事な靴は丁寧に洗おう!~

汚れた靴のイメージ画像
今回は靴の洗い方や脱水、
乾かし方についてご紹介しました。

靴が汚れているとせっかくの
外出でも気分が晴れなかったり、

自分自身や周りの人も
汚れが気になってしまいます。

 

また、そんな靴の汚れを放置していると
頑固な汚れが落ちなくなってしまったり、
臭いが取れなくなってしまいます。

愛用している靴ほど、
こまめに洗って
長く使い続けた方がいいのです。

 

靴を洗う事が面倒だと
感じている方にこそ、

今回ご紹介した方法を
試して頂きたいです。

そして、簡単で
スピーディーに靴を奇麗にして、
楽しい外出を満喫しましょう!

タイトルとURLをコピーしました