野菜の保存は温度が決め手!?長持ちさせて栄養価も保てる方法!

スポンサーリンク

野菜の保存って
難しいですよね。

なんでもかんでも野菜室に入れれば
良いというわけではなく、

その野菜によって
適切な保存方法があります。

できるだけ野菜を長持ちさせて
栄養価も保ちたいですが、
どのようにしたらできるのでしょうか?

 

もしかしたら
せっかく体のことを思って、
野菜を食べていたのに、

保存方法のせいで
十分に栄養が取れていない
としたらショックですよね。

 

ここでは、野菜を長持ちさせて、
栄養もしっかり取りたい

という人に向けて、

野菜の保存方法について
解説をしたいと思います!

野菜の種類によって適切な保存温度が違うってホント?長持ちさせる工夫は?

スポンサーリンク

野菜の種類によって
適切な保存温度が違うというのは、
ホントなのでしょうか?

結論から言うと、ホントです。

 

各野菜の適切な
保存温度については
研究がなされており、

最適な温度と湿度が
発表されています。

温度については
低すぎる温度で保存をすると
野菜が低温障害になってしまいます。

 

低温障害は人でいうところの
低体温症と同じで、

野菜の表面がくすんだり、
黒い斑点ができてしまいます。

そうなると、
野菜が水っぽくなったり
栄養価も落ちてしまいます。

 

野菜を長持ちさせるには
その野菜に適した場所に
保存するのが有効
です。

代表的な野菜の保存場所は
以下の通りです。

冷蔵庫(0〜5度):
大根、キャベツ、白菜、ほうれん草、
かぶ、人参、玉ねぎ、ブロッコリー

野菜室(6〜10度):
ピーマン、トマト、オクラ、なす、きゅうり

冷暗所(10〜15度):
じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、しょうが

これらは代表的な野菜を
あげているので、
もっと細かい分類もあります。

 

しかし、基本的に
淡色野菜は温度の低い冷蔵庫、

緑黄色野菜は温度が少し高い野菜室、

芋類は冷暗所が
適した保存場所になります。

これらを適した保存場所に
保存するだけで、
野菜の保存期間は長くなります。

 

特に芋類は日光に当たらないようにして、
乾燥させないようにするために、

新聞紙で包むだけで、
1ヶ月は持つ野菜です。

保存=冷やすのようなイメージを
持っている方も多いと思いますが、

そう簡単にいかないのが
難しいところですね。

野菜の栄養価が高いままで保存できるのはやっぱり冷蔵庫?

冷蔵庫のイメージ画像
野菜の栄養が高いままで保存するには
基本的には野菜室含めた、
冷蔵庫で保存が適しています。

例外ですが、キノコ類の場合、
冷凍をすると
きのこの細胞壁が壊され、

そこから旨味が出て
栄養も増加するそうで、
冷凍保存がオススメです。

 

野菜を冷やしすぎる
低温障害が起きなければ、

栄養もある程度は保って
保存することができます。

しかし、冷蔵保存をする際にも
工夫をすることで、

さらに栄養を高いままで
野菜を保存することができます。

切り口にはラップをする

野菜は植物であるため、
切り口があるとそこから水分や
栄養が抜け出してしまいます。

使いきれなかった野菜がある場合は、
しっかりとラップで切り口を密閉することで
水分と栄養を逃さないようにします。

野菜の保存は野菜本来の姿で

大根や人参などの根菜は
地中の根がまっすぐ
伸びていますよね。

またキュウリやトマト、ナスなどは
実がつる下がっている状態です。

このような野菜を
保存するときは、
冷蔵庫ないし野菜室で

「立たせて」保存させることで、
栄養価も逃げなくて日持ちもします。

 

野菜を本来の姿ではなく、
寝かせて保存させてしまうと、

野菜は本来の「立った」姿に戻ろうとして、
そこで余分なエネルギーを使ってしまいます。

野菜の気持ちになって、
野菜が楽な姿勢で保存を
してあげればいいですね。

まとめ

野菜のイメージ画像
野菜の保存は細かく難しいと
感じるかもしれません。

もし、とにかく栄養を残して
保存をしたいというのなら

野菜は買ったそばから
調理をしていった方が確実です。

ただそれでもなかなか
全部を調理というのも
難しいでしょう。

野菜の保存は一手間かけるだけで
大きく変わります。

 

ぜひ、今回書いた保存方法を実践して、

野菜を長く栄養価が
高い状態で保存をして、

美味しく味わってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました