仕事の疲れやストレスでツラい!ストレスや疲労をとる方法はある?

スポンサーリンク

これを読んでいらっしゃる方は、
何歳ぐらいの方でしょうか?

40代や、40歳近い方が多いのではないでしょうか?
(もちろん、この記事でご紹介する、
 疲労回復やストレス解消の方法は、
 40代の方以外でも有効です。)

 

一般的には、
40代くらいで、会社でも重要な役職についたり、
大きな仕事も任せられるようになります。

その分、仕事の充実感はありますが、
反面、ストレスやハードワークになり、

体の疲労が蓄積されていきます。

 

大きな仕事、責任ある立場では、
人間関係や結果に対しての、
責任などがかかってくる、

重圧も20代、
30代とは全く違ってきます。

これが、日々続くので、
体は精神的にも
肉体的にも疲れていきます。

 

ストレスで心を、
ハードワークで体が、
痛めつけられていきます。

気付けば疲労感が、
抜けない状態になっています。

また、人間は歳を重ねると、
体の機能も衰えていきます。

 

視力が落ちる、老眼になる、
肩こり・腰痛・ひざ痛に悩まされる、

肝機能の低下、便秘や軟便、
白髪が増える、脱毛など、

若い時はすぐ回復できていた事でも、
歳をとると回復できない、

こういった事も実感してきます。

 

精神的にも肉体的にも歳を重ねると、
体のケアが重要になってきます。

そこで、効率良くストレスや
疲労感を解消する方法

紹介していきます。

仕事の疲れやストレスの解消したい!効率良く疲れなどをとる方法はある?

スポンサーリンク

まずは、ストレス解消方法です。

ストレスを効率よく
解消する手軽な方法
として、

・運動
・副交感神経を優位にする
・気の合う仲間との付き合い

この3つについて、紹介していきます。

運動

運動は、ストレス発散の代表ですが、
手軽に直ぐに始められる運動としては、

ウォーキングやジョギング、
水泳や筋トレなどがあります。

 

ウォーキングやジョギングなどの
有酸素運動は、脳を刺激して
ストレスを発散してくれます。

また、健康にも良いので、
体型が気になり始めた方や、

メタボなど生活習慣病を
気にしている方には、お勧めです。

水泳は、有酸素運動と体負荷の
バランスが取れている運動ですが、

近くにプールがない、
泳げないなどの問題も発生します。

筋トレは、無酸素運動になりますが、
目標の達成感が出やすく、
気分もスッキリします。

いずれにしても、
ストレスを発散させるには、

汗をかく程度の
運動を行う事が良いでしょう。

副交感神経を優位にする

人間の神経には、自律神経があり、
自律神経には、「交感神経」
「副交感神経」が存在します。

交感神経は、やる気を起こさせる、
体を緊張させる、興奮するなど、

体を「戦うモード」に
変える働きがあります。

 

ストレスなどがかかると、
この交感神経が優位に働き、

体を戦うモードに変えてくれますが、
常に戦うモードだと体が悲鳴を上げます。

逆に副交感神経が優位になり、
ストレスが全くかからない状態であれば、

平穏な生活になり、
刺激も何もありません。

つまり、交感神経と副交感神経の
バランスが大事
です。

そこで、副交感神経を
優位に働かせる方法を紹介します。

映画やドラマ・読書をする

一時は、「涙活」という言葉が
流行りましたが、
涙を流すようなときは、

自分の感情を開放し、
リラックスしている時です。

リラックスする事で、
副交感神経が優位になります。

自然の中に飛び込む

大自然を満喫する事も
副交感神経を優位にしてくれます。

海や山、滝や渓流など自然の中にいると、
マイナスイオンを浴びることが出来ます。

リラックス+マイナスイオンの効果で、
ストレスも解消されるでしょう。

温泉

リラックス効果と疲労回復の両方を
同時に出来るのが、温泉です。

リラックス効果を発揮するためには、
38℃~40℃程度のぬるめのお湯に、

5~20分ぐらい入る事で、
副交感神経が優位に立ちます。

ただし、熱い温泉は、
交感神経が優位になりますので
注意が必要です。

 

温泉に入る事で、体が温まり、
血流が良くなります。

血流が良くなると、
血管が拡張し、血流が良くなり、

体の新陳代謝・老廃物の
排出にも繋がります。

疲労の原因物質と言われている、
乳酸も排出する事が出来、
疲労回復につながります。

さらに、体にかかる水圧は、
内臓のマッサージ効果や、
脚のマッサージ効果につながり、

内臓機能の回復、
血流改善にも繋がります。

ストレス解消・疲労回復の効果と
2つの効果を同時に味わえます。

気の合う仲間との付き合い

ストレスの原因が仕事にあるのであれば、
仕事関係以外の方と
過ごすのも良いでしょう。

恋人や友人、同級生などと、
仕事を忘れ、買い物したり、
美味しいものを食べたり、

などと楽しい時間を、
過ごすのもストレス解消ですね。

 

また、ストレスの原因となっている事を、
愚痴として話し、発散する事も、
1つのやり方です。

その際は、自分より上の方
(年上、役職が上など)、
を選ぶと良いでしょう。

人に話す事で、スッキリしたり、
アドバイスを貰えたりします。

その方の頑張っている内容を聞くことも
刺激になり、やる気も出てきます。

 

次に、疲れを取る方法の紹介です。

疲れは、体が休息を
必要としているサインです。

 

体を動かすためには、エネルギーが必要ですが、
エネルギーを作った結果、

活性酸素が発生し、
活性酸素が酸化する事で、
老廃物が生まれます。

この老廃物が溜まってくると、
脳に疲労のサインとして伝わります。

 

ただし、ストレスや仕事の達成感、充実感などで、
興奮や幸福に満たされていると、

疲れのサインが無視されます。

すると、疲れが回復していない状態であっても、
活動するので、疲労が蓄積されていきます。

これが、疲れが抜けない原因です。

 

そこで、疲れを効率的に
取る方法を紹介します。

疲れを効率的に取るのであれば、
下記の3つを実践しましょう。

・睡眠の質の改善
・ぬるめのお風呂に入浴
・適度な運動

この3つは、
疲れに密接に関係しています。

睡眠の質の改善

疲労回復するには、
睡眠の質を改善する事が
最も効果的です。

睡眠は、長く寝れば良い
というものではなく、
睡眠の質が重要
です。

 

睡眠の質とは、

「寝つきが良い」
「ぐっすり寝れる」
「寝起きのスッキリ感」

これらがそろう事が、
質の良い睡眠になります。

 

睡眠には、体内の修復を行う、
成長ホルモンを分泌する、

自律神経を整える、
疲労を回復する働きがありますので、

睡眠の質を改善すると、
肉体的・精神的な疲労を効果的に
改善してくれます。

 

睡眠の質を改善する方法として、

・自分に合った寝具を選ぶ
・ぬるめのお風呂に入浴
・適度な運動

この3つを実践しましょう。

自分に合った寝具を選ぶ

今使っている寝具があっているか、
どうかを自分で知る事は、難しいですね。

朝起きた時の倦怠感、首のハリ、
腰のハリ、熟睡感がないなど、

常日頃感じているのであれば、
一度、専門店で調べてもらう方が近道です。

合わないものを使い続けると、
睡眠の質は改善しません。

ぬるめお風呂に入浴

38℃~40℃ぐらいのお風呂に
5~20分程度つかりましょう。

体をじっくり温め、緊張をほどき、
リラックス効果を発揮します。

適度な運動

日中に適度な運動を行う事は、
睡眠の質の向上につながります。

睡眠と運動は、意外と密接に
繋がっていますが、

寝れないぐらいの
ハードな運動は避けましょう。

基本的には、この3点を意識して行うと、
睡眠の質は改善していきますが、

その他にも、以下のような方法も有効です。

寝る前に温かいノンカフェインの飲み物を飲む

特に、カモミールティなどは、
心身をリラックスさせる
働きもあるのでお勧めです。

寝る前にスマホを見ない

スマホの光は、交感神経を
活発にしますので、
寝つきが悪くなります。

朝起きたら太陽の光を浴びる

体内時計を正常にしてくれます。

体内時計が正常になると、
夜、自然な眠気を誘発します。

こういった事も、
睡眠の質を上げる方法として
効果的です。

 

このように、ストレスを解消する、
疲れを効率的に取る方法
としては、

睡眠の質を改善する事が、
最も効率的で効果が高い方法
です。

睡眠の質を改善するために、
入浴や運動も含まれており、
ストレス解消と連動しています。

仕事の疲れをとるのに効果的な食べ物は?ストレスを軽減する食べ物とかもある?

ストレスや疲労が回復した人のイメージ画像
ストレス解消、疲労回復の方法が
分かったところで、

より効果を上げるために、
疲労回復やストレス軽減に有効な、
食べ物を紹介していきます。

まずは、疲れをとるのに効果的な食べ物です。

豚肉

豚肉は、疲れをとる食べ物の
代表的な物です。

ビタミンB群が豊富に含まれており、
新陳代謝・疲労回復を促進します。

鶏肉

鶏肉のむね肉に含まれる成分の、
イミダペプチドが、
抗酸化効果が高いと言われています。

抗酸化作用は、活性酸素を取り除き
疲れの原因をなくします。

レバー

レバーは、ビタミンB群、
鉄分が多く含まれており、

疲労回復、肝機能回復、
貧血に良いとされています。

ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜やレモン・キウイなどの柑橘系果物

これらには、
ビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、抗酸化作用で
活性酸素を取り除く、血管を丈夫にする、
シミを薄くする働きもあります。

アーモンド

ビタミンEが、豊富に含まれており、
抗酸化作用、血流改善作用があり、

疲れの原因の活性酸素の除去、
血液を全身に回す、老廃物の排出、
細胞の活性化に繋がります。

 

続いては、ストレスを軽減する食べ物です。

大豆製品

大豆製品には、「トリプトファン」
「ビタミンB群」が豊富に含まれています。
    
トリプトファンは、
感情を穏やかにする働きの、
「セロトニン」の材料となります。

 

また、発酵食品のみそや納豆は、
腸内環境を整える働きもあります。
 
ビタミンB群も豊富に入っている為、
疲れにも良いし、
抗ストレスホルモンの合成にも使われます。

牛乳・小魚

牛乳や小魚には、カルシウムが
豊富に含まれています。
      
カルシウムには、神経や筋の働きを
正常に保つ事や
心を落ち着かせる働きがあります。

チョコレート

チョコレートの原料には、
カカオが使われており、

カカオには、ポリフェノールが
含まれています。

ポリフェノールは、
不安や緊張を緩和する働きがあります。

 

疲れをとる、ストレスを解消する、
代表的な食べ物を見てきましたが、

両方に共通しているのが、
ビタミンB群やビタミンC、

こういった成分が多く含まれる食材を
うまく活用する事で、
効果的な食事が出来るようになります。

まとめ

仕事で疲れた人のイメージ画像
今回見てきたように、
ストレスや疲労回復の基本となる事は、
質の良い睡眠です。

その為に、運動や入浴を意識して
実践する事で、

効率よくストレス軽減や疲労回復を
行う事が出来るでしょう。

 

また、そのサポートとして、
ビタミンB群やビタミンCなどを意識した、

バランスの良い食事をとる事で、
効果はさらに発揮しやすくなります。

 

疲れを感じる事は、
脳から出た休息を求めるサイン
です。

睡眠の質を改善し、
効率よく疲れやストレスを
改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました