お葬式のマナー~数珠や腕時計・お焼香にまつわるマナーを紹介~

スポンサーリンク

お葬式のマナーって
よく分からないことだらけですよね…。

数珠が必要ということなんですが、
数珠は手首からかけて
おくべきものなんでしょうか?

 

また、お葬式のマナーとして
腕時計をしていてもOKなのか、

お焼香はどうすればいいのか、
本当に分からないことがたくさんで、

なんだかとても
心配に感じてしまうでしょう。

 

そこで今回は意外と知られていない、
お葬式の数珠や腕時計、
お焼香のマナー
について詳しく紹介していきます。

数珠にまつわるお葬式のマナーは?それと腕時計はどうする?

スポンサーリンク

結論からいうとズバリ、
お葬式の時に数珠は手首にかけておくより、

左手に持っておくのが
正式なマナーといえるでしょう。

基本的にお葬式で多くの人が持つ数珠は、
略式数珠(片手数珠)というものなんですが、

左手にかけておいて、合掌、
つまり手を合わせる際も、

数珠は左手にかけたままにしておきます。

 

もしくは両手に数珠をかけて
手を合わせても良いですが、

一般的には左手に数珠をかけたまま
手を合わせることが多いですね。

 

ちなみに、宗派によって
数珠の持ち方が変わることがありますが、

上記の持ち方はどの宗派でもOKなので、
ぜひ持ち方を覚えておくと良いですよ。

 

より詳しく、また画像付きで
数珠の持ち方を知りたい場合は、

下記のサイトを参考にしてみると良いでしょう。
https://pascle.net/column/article/10053

 

数珠って宗派によっても
色んな種類や持ち方があったんですね。

 

でも、略式数珠と呼ばれるものがあれば、

基本的にはどんな宗派であっても
お葬式に持って行けるので、

ぜひ略式数珠をもしもの時のために
購入しておくといいですよ。

ちなみに筆者が持っている数珠も略式数珠です。

 

ところで、お葬式の時って
腕時計をしたままでいいのか、

ちょっと迷ってしまいますよね…。

基本的に腕時計はつけたままでもOKですが、
やっぱりデザインや素材などによっては
マナー違反になる場合もあります。

たとえばデザインが華やかだったり
ゴールド系の腕時計だったり、

Gショックなどカジュアルな見た目の
腕時計はNGなのでご注意を。

 

レザーやシルバーのベルトで、
文字盤が丸形でカレンダー機能もついていない、

アナログの腕時計なら、
お葬式につけていても問題ないですよ。

要するにシンプルなデザインで
フォーマル寄りな腕時計なら、

お葬式の時につけていても
全く問題ないんですね。

 

ということで、普段から
腕時計をつけているのでしたら、

なるべくシンプルかつ上品なものを
身に着けるようにしましょう。

 

もし、自分の腕時計が、
マナー違反かどうか不安な場合には、
腕時計を外しておく、というのも一つの方法
です。

お葬式のお焼香にまつわるマナー~正しいお焼香の方法は?~

お焼香のイメージ画像
お葬式といえばやっぱり
お焼香をしなければいけませんよね。

でもこのマナーというか正しいやり方って、
なかなか詳しく知らない人が多いんですよ。

 

でも基本的には、自分の順番が
まわってきてお焼香することになったら、

抹香(まっこう)と呼ばれるお香を
親指と人差し指と中指の3本で摘まみ、

額まで持ち上げたら
抹香の隣にある香炉に落としていきます。

この動作を2~3回行ったら合掌、
つまり仏様に手を合わせた後、

ご遺族や他の参列客にそれぞれ一礼して、
自分の席に戻れば問題はありません。

 

実は宗派によって、
この抹香を持ち上げて香炉に落とす、

という動作を何回行うか、
というのが決められているんですが、

最近ではそこまで厳密に
決められていないんですよね。

 

そのため、どんな宗派であっても、
だいたい2~3回、
抹香を持ち上げて香炉に落とす、

という動作をして合掌をし、
ご遺族や参列客それぞれに一礼すれば、

全く問題ないしマナー違反にはなりませんよ。

 

もし分からなくなったら、
他の人のお焼香の仕方を
マネてしまっても全然大丈夫です。

しかもお焼香は立って行う場合と、
座っているその場で行う場合もあるんですよね。

 

念のためお焼香のやり方をより詳しく、
動画付きで紹介したサイトへのリンクを貼っておくので、
ぜひ合わせて参考にしてみるといいですよ。

いざという時に恥をかかない焼香のやり方
https://www.osohshiki.jp/column/article/25/

 

お焼香って特にやり方が
イマイチ把握できていない人も多いので、

ぜひ事前にしっかり正しい方法を
調べておきましょう。

「お葬式のマナー~数珠や腕時計・お焼香にまつわるマナーを紹介~」のまとめ

数珠のイメージ画像
お葬式では数珠は略式数珠というものを
左手に持っておけばOKです。

合掌の時も数珠を
左手にかけたままの
状態で大丈夫ですよ。

 

そして腕時計はシンプルかつ
上品なデザインのものでしたら、

見つけていてもマナー違反に
ならないので安心してくださいね。

そしてお焼香は基本的に2~3回、
抹香を香炉に落とし、

合掌したら遺族や他の参列客に
一礼するという手順で大丈夫です。

 

ただし、お焼香は立って行う場合と
座って行う場合などがあるので、

事前にお焼香の方法を
チェックしておくと安心ですよ。

タイトルとURLをコピーしました