お通夜の女性の服装は?スーツでいい?靴やバッグや腕時計のマナーは?

スポンサーリンク

お通夜に行く時って
女性はどんな服装が相応しいんでしょうか?

服装だけでなく、靴やバッグ、
腕時計などもしていいのか、

すごく迷ってしまいますよね…。

でもマナー違反に
なってしまっては大変です。

 

そこで今回はお通夜の時に

女性が着るべき服装と、
靴やバッグ、腕時計などの
マナー
を紹介します。

お通夜の女性の服装はどうする?スーツでいいの?靴はどうすればいい?

スポンサーリンク

お通夜では女性は
どのような服装が良いんでしょうか?

適した服装や靴のポイントを紹介します。

お通夜では基本的に喪服を着る

お通夜ではビジネススーツなどではなく
喪服を着るようにしましょう。

やっぱりお通夜というのは
フォーマルな場なので、

女性は喪服用のブラックスーツや
ワンピースとジャケットを着用します。

たとえ黒であっても、
ビジネススーツはNGになるので、

くれぐれも注意するように
してくださいね。

 

ちなみにきちんとした喪服であれば、

パンツスーツを着ても
問題ない場合もあります。

でも女性の喪服はワンピースと
ジャケットの方が多いので、

目立たなくするのであれば、
パンツスーツでない方が良いでしょう。

やっぱり一番無難なのは、
スカートやワンピースタイプの
喪服なんですよね。

どうしても女性のパンツスーツだと、
ちょっと目立ってしまう可能性もあるので、
なるべくはやめておいた方が安心です。

靴はヒールが高すぎないシンプルなパンプスにする

靴はヒールが太く、
3~5㎝くらいのもので、

シンプルなデザインの
パンプスを選びましょう。

エナメルなど光沢がなく、
レザーか布製の靴がおすすめですよ。

また、つま先があいているものは
カジュアルな靴になってしまうため、

つま先があいていないパンプスを
選ぶようにしましょう。

女性は黒のストッキングを着用する

女性の場合はお通夜であっても、
ストッキングを着用するのがマナーです。

黒以外の色や柄の入った
ストッキングはNGなので、

必ず黒いストッキングを
はくようにしてくださいね。

メイクも控えめにして口紅は塗らないようにする

お通夜の時はメイクは控えめにして
派手でないようにしましょう。

また、基本的にお通夜やお葬式では、
リップは塗らないか、

ベージュなど目立たない
色のものを塗るのがベスト。

ネイルは基本的には落としておく

ネイルもキラキラしているものや派手なものは、
落としておくのがおすすめですよ。

ジェルネイルなどですぐには
ネイルを落とせない場合は、

黒のレースの手袋をして
目立たなくしておきましょう。

また、手袋をしてネイルを隠した場合は、
お焼香の際は手袋を外すようにしましょう。

お通夜の女性のバッグや腕時計のマナーは?どんなものがNGなの?

お通夜に出席する女性のイメージ画像2
続いて、お通夜では
どんなバッグがいいのか、

また腕時計やアクセサリーの
マナーについて解説します。

腕時計は派手なものでなければつけたままでOK

腕時計はシンプルな形だったり、
人目を引かないものでしたら、
つけたままでも大丈夫なんですよ。

ただし、ベルトは金属製か
革製のものがいいですね。

ゴム製シリコン製だと
カジュアルになってしまうので、

その場合には腕時計は外して置きましょう。

もちろん、一番無難なのは
腕時計を外しておくことですよ。

バッグは布製のものを持つ

バッグはレザーなどを避け、
布製の黒いものを持ちましょう。

装飾や柄のないものがベストなので、
弔事用のバッグを持つことが一番いいですね。

アクセサリーは真珠を身に着ける

結婚指輪以外は真珠のアクセサリーを
身に着けるようにしましょう。

真珠の一連のネックレスと、
イヤリングかピアスを
身に着けるのがマナーなので、

ぜひ冠婚葬祭用に、
真珠のアクセサリーを1セット
持っておくといいですよ。

 

以上がお通夜での服装や
アクセサリーマナーなんですが、

要するにお葬式に出席する時と同じように、
ブラックフォーマルな服装を
心掛けるべきなんですね。

まとめ

お通夜に出席する女性のイメージ画像
お通夜でもお葬式と同じように
喪服を着るのがマナーです。

女性の場合パンツスーツよりも、
喪服のスカートスーツか
ワンピーススタイルの方が無難です。

 

また、黒のストッキングをはいて、
メイクも派手ではないようにしましょう。

靴もシンプルなパンプスを選び、
アクセサリーは結婚指輪以外でしたら
真珠のもののみ。

 

腕時計はシンプルなものでしたら
つけておいてもいいですが、

筆者個人的には外しておくのが
無難だと思いますよ。

なるべく喪に服した格好で
出席するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました