卵の保存方法は冷蔵庫だけ?常温保存や冷凍保存はできないの?

スポンサーリンク

家庭の食卓に欠かせないもの
といえば、卵ですよね。

卵はあらゆる料理に
使いますので、

切らさずに常備している
人も多いと思います。

そして、たまごの保存は特に考えずに
冷蔵庫にしている方が多いと思います。

 

しかし考えてみれば、
スーパーなどは卵を常温で
売っているところが多いですし、

また卵を冷凍保存することで
保存期間を伸ばすことが
できないでしょうか?

玉子はよく使う食材なだけに、
安い時にまとめ買いをして

長期間保存できたら
便利ですよね。

 

ここでは、冷蔵や常温、冷凍など、
卵の保存方法について

迷っている方のために、

卵の保存のあれこれについて
解説をしていきたいと思います。

卵の保存は常温でもできるの?保管するなら冷蔵庫とどっちが良い?

スポンサーリンク

卵の保存ですが、
常温でもできるのでしょうか?

結論から言えば、可能です。

 

しかし卵を保管するなら
やはり冷蔵庫の方が良いです。

お近くのスーパーでは
卵を常温で売っている
ことが多いと思います。

これは卵は大変
温度変化に弱い
からです。

スーパーで冷蔵で売ってしまうと
温度変化が大きく、

その分タマゴが傷みやすくなります。

卵は冷蔵の方が
いいにしても常温保存でも
2週間は持ちます。

 

ですので、スーパーでの
温度変化によって傷むリスクよりも、

多少賞味期限は短くなりますが、
常温で保存を
していることが多いです。

このように卵の保存は
常温でもできますが、

私たちが卵をスーパーで
買った場合は卵は
冷蔵庫保存がやはりオススメです。

低温保存の方がやはり
賞味期限が伸びますからね。

 

ただ、上記の通り
卵は温度変化に大変弱いです。

ですので、卵を冷蔵庫のドアホルダーに
保管している人がいると思いますが、

実はこの保管場所は
オススメしません。

ドアホルダーは、
冷蔵庫のドアを開けた際に

外の気温に触れることが多く
温度変化が発生しやすいです。

 

ですので、できる限り
卵は冷蔵庫の奥に
保管する
ようにしましょう。

冷蔵庫の奥なら
温度変化が少ないので、

卵を長持ち
させることができます。

近頃ではスーパーでも、

卵を低温一括管理を
しているところも増えています。

卵は美味しいですが、
傷んでるかがわかりにくい食材です。

 

もし食べる際、
心配でしたら生食を避けるなど

しっかり自分でも
対策をするようにしましょう。

卵は冷凍保存できる?保存方法のコツは?冷凍した後の解凍はどうすればいい?

玉子のイメージ画像
卵の保存ですが、
冷凍保存はできるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

 

卵の冷凍保存の方法としては
そのまんま殻ごと冷凍をするか、

殻を割ってタッパーに
入れておくかです。

コツとしては
タッパーに入れる際には

一つ一つ卵を分けて
保存をするようにしましょう。

 

冷凍の卵は保存期間が約1ヶ月です。

これだけ期間があれば
使い切れますし、

とても便利ですね。

冷凍の卵の解凍は料理で使う前に
1時間ほど自然解凍をするだけです。

こちらも簡単ですね。

 

冷凍卵ですが、
肝心の味はどうなのでしょう?

いくら保存が効くからといって
味が落ちていたら
あまり意味がないですよね。

卵を冷凍したら
黄身が固まって弾力が増します。

 

筆者は冷凍の卵を試してみましたが、
普通に美味しかったです。

むしろ卵かけご飯にしたら、
黄身の弾力がまして

冷凍したことによって
全体的に甘さが増したような気がしました。

熱々のご飯に解凍の卵を乗せることで、
完全に解凍できますし、オススメです。

 

また、冷凍された白身の場合、
泡立ちやすくなるため

メレンゲなどの料理にも有効です。

 

意外に美味しく活用できる冷凍卵、

ぜひ色々な料理に
試してみてください。

意外な発見が
あるかもしれませんよ。

まとめ

卵のイメージ画像
卵の保存は特に考えもせずに
冷蔵庫に入れていたかもしれませんが、

そこでも奥にしまうなどの一工夫で
卵の鮮度も変わってきます。

 

また、卵の冷凍保存は
試してみる価値があると思いますよ。

卵は我々の生活に欠かせない食材です。

だからこそ、少しでも
長持ちさせられるように工夫をして、

美味しく卵を
味わうようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました