洗濯の方法が分からない?今さら人に聞けない基本中の基本を紹介!

スポンサーリンク

子どもの頃は汚れた服も一日中着た服も
母親に洗濯をしてもらって、
きれいになった服をまた着るだけでした。

しかし、大人になって一人暮らしをすると
なにもかも自分で行わなければなりません。

洗濯含めて家事全般一人で行うのは大変ですよね。

 

それに洗濯に失敗して正しい洗濯の方法が
わからなかったりしても、毎回母親に電話して
洗濯の仕方を聞くのは気が引けますし

いまさら恥ずかしいという思いもあります。

 

そこで今回はいまさら人に聞けない
洗濯方法の基本中の基本を紹介します!

全部洗濯機にいれちゃえ!この方法であってる?初めてさんがしがちな失敗アレコレ!

スポンサーリンク

初めての人は洗濯物を全部
洗濯機いっぱいにいれてしまったり

洗剤をいれすぎたり、
他にも失敗してしまうことがあります。

失敗して汚れが落ちていなかったり、
洗剤がすすぎきれずに
残っていると二度手間になってしまいます。

 

まずは洗濯の基本から見ていきましょう。

洗濯物の量を守る

洗濯する際に洗濯機いっぱいに
洗濯物を詰め込むと汚れが落ちにくいです。

多くても洗濯槽の大体7割くらいまでにしましょう。

洗濯するものを種類ごとに分ける

洗濯を始める前に洗濯物を種類ごとに分けましょう。

汚れた衣類、糸くず・毛玉が付きそうなもの、
色移りしやすいもの
など種類ごとに分けることで

洗濯が終わった後
白いシャツに色が移ってる…ということはなくなります。

洗濯ネットを使う

ニットやセーターには洗濯ネットを使いましょう。

洗濯ネットを使うことにより毛玉や糸くず、ほこりなどが
付くのを防いだりすることが出来ます。

他にも衣類と衣類がこすれることによって起こる
色移りを防いだり、洋服の型崩れを防いでくれます。

一度色移りをするとなかなか移った色が取れませんし
型崩れするともとには戻せません。

洗濯物をネットに入れる場合は
種類ごとに分けてから入れましょう。

また、ネットいっぱいに衣類を詰めると
汚れが落ちにくいですから
ある程度余裕を持たせて入れましょう。

洗剤・柔軟剤は適量にする

洗剤を入れすぎると洗剤が洗濯物に残って
もう一度洗濯をするという二度手間になりかねません。

少なすぎても汚れが落ちにくいのでしっかり
洗剤の裏面などの表示を見て入れる量を確かめましょう。

柔軟剤も入れすぎると匂いが強く残ってしまうこともあるので
柔軟剤も適切な量を守りましょう。

 

しかし、いくら洗濯しても落ちない汚れはありますよね。

でも服をクリーニングに出しに行くのも、
取りに行くのも面倒ですし
お金もかかります。

洗濯だけではなかなか落ちない汚れを
家で落とせちゃう方法があれば嬉しいですよね。

なんとそんな頑固な汚れにはハイターが効果的なのです。

普段の洗濯で落ちない汚れはハイターにおまかせ!でも使い方を間違えると大変なことに!?

洗濯のイメージ画像
白いTシャツに汚れが、洗濯しても全然取れない…。

そんなときにハイターを使ってみると
汚れが落ちる可能性があります!

しかし注意点があります。

 

ハイターは漂白の力がとても強いので
色柄物には使えません。

ハイターを使用できるのは
洗濯表示に△のマークがあるものだけです。

この△に斜線があったり、
バツ印があるものはハイターを使用できません。

 

ハイターでの洗濯機洗いで汚れが落ちないときは
汚れに直接ハイターをかけてつけ置きしておいたり
やさしくこすってみましょう。

つけ置きする場合は長時間つけておくと服が傷むので
5~10分ほどですすぎましょう。

△マークがないけれど、頑固な汚れが取れない…。
というときは同じく花王から出ている
ワイドハイターがいいでしょう。

ワイドハイターはハイターよりも強力ではないので
ほとんどの衣類に使えます。

まとめ

洗濯物のイメージ画像
一人暮らしの家事はとても大変です。

例えば、洗濯は一人分でも
洗濯してから干して畳むという
過程は変わらないので、

だんだん面倒くさくなりますし
何回洗濯しても汚れが落ちないこともあります。

そんな頑固な汚れにはハイターですね!

 

また、外に洗濯を干して外出中に雨が降ったら
二度手間になったりします。

洗濯を含めて大変な家事ですが、毎日頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました