冬の窓の掃除はどうしてる?うっかりしてたらカビが生えちゃった!?

スポンサーリンク

冬は寒さや乾燥の対策が
必要な季節です。

しかしそれ以上に
世の主婦の皆さんの
悩みのタネになっているのが、
窓の結露です。

 

対策をしていないと
窓の結露は毎日のように
発生してしまいます。

毎日発生する結露にうんざりし、
最初は拭き取っていても
段々面倒になって
放置をしてしまう方も多いです。

 

しかし、この結露は放っておくと
サッシ枠に発生する
カビの原因となります。

さらにそのカビによって
アレルギーなどの健康の面での
トラブルにもなります。

 

今回、そんな冬の窓の結露の対策と
オススメの掃除方法についてご紹介します。

窓につく結露!周りがビショビショでカビのもと!予防が一番だと思うけどいい方法はないの?

スポンサーリンク

結露とは室内と屋外の
温度差が大きいこと、

室内の湿度が高いことが
原因で発生します。

 

室内が暖房によって暖められ、
そして人が生活する上で発生する湿気が、

寒い外の空気によって
窓越しに冷やされることによって
結露が出てくるのです。

そのため、室内の温度と湿気に
注意をすれば対策はできるのですが、
なかなかそれも難しいですよね。

ここでは結露を防止する方法をご紹介します。

 

まず簡単にできる対策としては
換気と除湿です。

寒い季節に部屋の温度は
なかなか下げにくいため、

結露の原因の1つである
湿気を対策していく方法です。

 

これは単純に、換気扇を回して
室内の空気を入れ替えること、

そして除湿機や除湿剤を使って、
部屋の湿気を吸い取るという方法です。

このようにすれば寒い季節の中、
部屋で寒い思いをせずに
結露の対策ができます。

 

また、市販で売っている結露防止シートを
窓に貼るという方法も効果があります。

これらの方法はある程度の対策であるため、
結露の発生は抑えられます。

 

しかし、対策をしていても
少なからず結露は発生してしまうため、

1つの対策だけでなく、
2つ3つと何重にも
対策を考える必要があります。

窓の掃除は水濡れにバッチリのワイパーがおすすめ!布で拭くと残りがちな糸くずがでない!

窓の結露のイメージ画像2
先ほどは結露への対策方法について
ご紹介をしましたが、

やはりどんなに対策をしていても
少なからず発生してしまうのが
結露の厄介なところです。

 

そこで、ここでは窓掃除の
オススメの方法
についてご紹介します。

結露で水浸しになった窓ですが、
放っておくとカビの原因になります。

そこで、そんな窓を拭くために
タオルや新聞紙を使う方が多いのです。

 

しかし、タオルではすぐに
ビシャビシャになって
結露を吸い取らなくなり、

さらには吹き終わった後に
窓に糸くずといったゴミを
残すこともあるのです。

 

また、新聞紙では糸くずは
発生しないものの、

水分で破けてしまった新聞紙の切れ端が
残ってしまい、窓の結露は拭けても
ゴミを多く発生させてしまうことになります。

それらの糸くずや新聞紙にも
カビが発生してしまうこともあるため、
なかなか見過ごせませんよね。

 

窓の結露を奇麗にできて、
そしてゴミを残らない方法。

そんな理想的な方法は、
なんと結露取りワイパーという
アイテムで叶えられるのです。

先端部分にゴム状の
パッキンが付けられており、

さらに持つ場所が空洞になっているため、
拭き取った水が取っ手に回収されます。

 

取っ手に回収された水分は、

取っ手を取り外すことによって
簡単に捨てることもできるため、

効率よく掃除ができるのです。

 

そのため、窓を傷つけたり、
ゴミを残したりする心配もなく、
簡単に結露を拭きとれるのです。

窓掃除をしっかりできる
結露取りワイパーは100均でも売られているため、
お手軽に購入することができます。

まとめ~カビの原因になる結露を奇麗に掃除するために~

窓の結露のイメージ画像
今回はカビの発生する原因になる
結露の対策と、奇麗に拭き取る方法
についてご紹介しました。

放っておくとどんどん発生する
厄介な結露によって
カビが発生してしまいます。

 

また、その結露も毎日発生するため、
掃除をしている皆様も
段々とうんざりしてしまいますよね。

そこで、家族の健康を守るために、
まずはできる結露の対策と、
結露を奇麗に拭き取るために
ワイパーの準備をオススメしたいです。

 

毎年発生する結露にすでに
うんざりしている方は多いと思うのですが、

まずはできるところから
対策をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました