お風呂の掃除は専用洗剤を使う!場所によっては汚れの種類が違う!?

スポンサーリンク

お風呂場のしつこい汚れがなかなか落ちず、
困ってはいませんか?

実は使ってる洗剤が間違っているかも
しれないんです!

場所によって、汚れの種類は
水垢、カビ等、違うんです。

 

カビや皮脂の汚れなどは、酸性なので、
アルカリ性の洗剤が、

水垢や石けんカスは、アルカリ性なので、
酸性の洗剤が必要です。

 

このように種類が違うため、落とすために
必要な洗剤も変わってきます。

汚れの種類によって最適な
汚れを落とすための洗剤があるんです。

 

簡単な汚れは弱アルカリ性・酸性のものを
使ってもきれいになります。

ですので、重曹とクエン酸を混ぜたもので洗うと、
皮脂の汚れや、水垢と違う種類の汚れですが
一度でどちらもきれいになります。

風呂掃除で一番面倒なのはカビ掃除!発生する前になんとか防ぎたい!効果的な方法はある?

スポンサーリンク

お風呂場で一番面倒な汚れはカビです。

種類も1種類じゃないんです。

主にみられるカビは、
黒カビと、赤カビの2種類があります。

温度20~30℃、湿度70%以上で
カビの繁殖が活発になります。

黒カビは人の垢や石けんカスを餌としています。

いろんなところで繁殖をし、掃除が面倒と
放置すると、どんどんと広がってしまいます。

赤カビは水気の多いところを好むので、
水が残りやすい場所に発生します。

赤カビはすぐ取り除けるので、
できるだけ見つけたら掃除をしましょう。

 

赤カビを放置すると、黒カビが餌として、
黒カビも増えてしまいます。

そんなカビの弱点は、

「殺菌効果のある洗剤・消毒剤」

「50℃以上の熱」

「乾燥」

のこの3点があげられます。

カビは菌で、菌糸を植物の根のようなものを
伸ばして繁殖します。

特に柔らかい素材のパッキンは、
奥まで根を張ってしまいます。

 

そのため、表面をゴシゴシとこするだけでは
カビを取り除けません。

根の奥までカビ取り剤や、熱を浸透させて
死滅させる必要があります。

カビ発生を防ぐには、掃除だけではなく
日頃の予防も大事です。

 

先ほど言ったように、カビは熱に弱いです。

50℃以上の熱湯をカビのできる箇所に
お風呂後にかけるのが予防には効果的です。

奥までしっかりと熱を伝えるために、
一か所に5秒はかけましょう。

そうすることで、カビが繁殖する前に
死滅させることができます。

 

また、同時にお風呂時に付着した石けんを
洗い流す効果もあります。

黒カビの餌を洗い流すので、
黒カビの繁殖が起きづらくなります。

 

しかし、それだけでは完全に
予防することはできません。

熱湯を流した後は、水気をふき取り
換気扇を回すことが大切です。

湿気をためてしまうとカビが繁殖してしまう
可能性があります。

 

そのため、換気扇を使用直後だけではなく、
長い間回す方がいいです。

長く回すことで、カビの繁殖を抑える効果が増します。

風呂掃除の便利な道具のアレコレ!いろいろ試してみたいなら100均がおすすめ!

風呂の掃除の道具のイメージ画像
汚れの種類によっていろいろな洗剤が
必要になることがわかりました。

しかし、これらを1から集めるのって
大変でお金がかかりますよね。

お試しで使う洗剤を買うには
一般のお店だと高くかかります。

 

そんな問題を解決してくれるのが
100円均一ショップです!

洗剤として活用できる、酸性のクエン酸や、
アルカリ性の重曹。

お風呂専用の洗剤
も売っているので、お試しには最適です。

 

他にも、お風呂専用の
ブラシやタワシも買えちゃいます!

また、強い漂白剤を使うときに
身を守る手袋やマスクもあります。

 

そして、予防に大事な水気をとる
雑巾もたくさん買うことができます!

手袋やマスク・雑巾は消耗品です。

まとめ

お風呂場のイメージ画像
いかがでしたか?

今まで苦労していた風呂掃除も簡単にできます!

また、お風呂を綺麗に保つには、
汚れがあると気づいたときに、
ついでにお掃除してあげることが
大事になってきます。

 

また、洗剤を使う場合に、
強いものは刺激が強いので、

肌が荒れるのを防ぐために、
しっかりと手袋やマスクをしましょう。

 

また、お風呂に使用している素材によっては、
使ってはいけない洗剤がありますので、

自分の家のものがどうなのか
注意しながらお掃除しましょう!

タイトルとURLをコピーしました